金型の各構成部品

大阪 金型製作の武田精機のホームページをご閲覧頂き誠にありがとうございます。
このページはプラスチック射出成形の金型を構成する各部品について紹介させて頂きます。

金型の構造は各部品をモールドベースに組付けられ構成されています。
求める成形品に一つ一つ金型を製作し製品形状を形成します。

キャビ・コア入れ子

キャビ・コアの入れ子に製品形状を彫り形状を形成します。
通常は入れ子に形状を彫り型板に組込みます。
成形ショットなど少ない場合は型板に成形品の形状を直彫りする場合もあります。

また、冷却水穴や、エジェクターピン(押出しピン)などの加工も施します。

成形金型で一番重要な部分になります。

成形金型のスライド部品

プラスチック射出成形の金型を構成するスライドコアは基本的にスライド本体、スライドブッシュ、ガイドレール、アンギュラピン、ロッキングブロック、カム、付属パーツとしてストッパー、スプリング、ボールプランジャーなどの部品で構成されています。

スライド本体

スライド本体とは、スライドを作動させる本体で製品形状を構成するスライドブッシュを取り付け、アンギュラピンが入る傾斜穴、ロッキングブロックを受ける傾斜加工などを施した部品。

スライドブッシュ

スライドを構成する部品で製品部を構成するパーツ

ガイドレール

ガイドレールはスライド上下左右のがたつきを抑え、スライドの摺動を補助します。

アンギュラピン

アンギュラピンは、基本的には固定側に斜めに設置され、成形の金型開閉時にスライドをバックさせるピンになります。

ロッキングブロック

ロッキングブロックは、金型の型締め時にスライドの背中と合わさりスライド位置を決め、成形圧力を受けます。

ストッパー

スライドストッパーはスライドがバックした時の位置を制御します。

スプリング

スプリングは、成形型開き時にスライドが前に行かないように制御します。

ボールプランジャー

ボールプランジャーは、成形型開き時にスライドの位置を制御します。

エジェクター部品

成形品の金型からの離型は基本的にエジェクターピン(押出しピン)を使用します。

エジェクターピンには様々あり、基本的には丸ピンを使用します。
丸ピンは加工も比較的容易で一般的に使用されます。

製品のリブなどに押出しピンを設定したい場合などは角ピンを使用します。
角ピンはリブなどの底面から製品を押し出せるため、製品離型に有効ですが、入れ子をの分割、入れ子の側面加工などが必要になり加工工数が増えてしまします。

傾斜コア・傾斜ピン・倒れピン

製品の内側のアンダーカットなどの処理に傾斜ピンなどを設定します。

傾斜ピンの構成は様ですが、
傾斜コア、シャフト、スライドユニット、ガイドブロック・ガイドブッシュなどで構成されます。

傾斜コアは、製品部を構成します。

スライドユニットは、エジェクタプレートに設置し、エジェクタプレートの押出し時にスライドします。

シャフトは傾斜コアとスライドユニットを繋ぎ摺動を補助します。

ガイドブロック、ガイドブッシュはシャフトなどの摺動を補助、ガイドします。