プラスチック射出成形

大阪 プラスチック射出成形金型【武田精機】のサイトへご訪問頂きありがとうございます。

プラスチック射出成形についての紹介ページになります。

プラスチック射出成形とは、身近にあるプラスチック製品の大半がこの射出成形により生産され、世の中に存在しております。
電子部品・自動車部品・日用品・雑貨・電化製品・文具・玩具・住宅・医療機器など様々な分野のプラスチック部品の大半がこの射出成形によって生産されています。

射出成形加工

プラスチック射出成形とは、求める成形品の金型を製作し、射出成形機に取り付け射出成形機か金型に樹脂を注入しプラスチック製品を生産します。

射出成形機のホッパーより樹脂材料を投入し、加熱シリンダーで加熱溶融し金型に射出注入します。
射出注入された樹脂は金型の一次スプール、ランナー、ゲートを通り製品部へ充填されます。
充填されたら冷却固化し製品が出来上がります。

射出成形の工程

射出成形の工程は、まず前準備ですが、成形機に金型を取り付け、金型温度の設定をおこないます。
また、成形樹脂材料の乾燥、成形機へ投入、成形条件の設定などもおこないます。

成形サイクル

成形サイクルとは、1回の射出成形が開始から終了までのことを言います。
下記の工程を1回の成形サイクルとして製品を連続して生産・量産します。

  1. 金型の型締め
  2. 射出注入・充填
  3. 保圧
  4. 冷却
  5. 金型の型開き
  6. エジェクト(成形品の押出し)
  7. 成形品の取り出し

金型の型締め

成形機から金型に射出注入されると、金型内に充填圧力がかかり、金型が開こうとします。
型締めが弱いとパーティング面が開きバリが発生します。

射出注入・充填

成形機のノズルから金型へ溶融樹脂を射出注入します。
金型内の製品部まで充填します。

保圧

成形品の隅まで樹脂が充填するように保圧します。

冷却

成形品を冷却固化させ金型から製品を取り出せるようにします。

金型の型開き

金型を開き成形品及びランナーを取り出せるようにします。

エジェクト(成形品の押出し)

押出しピンなどで製品を押出し、成形品を金型から離型します。

成形品の取出し

押出された成形品を取り出し機などで成形品を取り出します。